オナクラとは

TOP > 東京 > オナクラ・手コキコラム > オナクラとは

オナクラとは

2016/07/18 12:10

オナクラ(オナニークラブ)とは比較的に新しい風俗のジャンルの一つで、 男性が女性を見ながら(女性に見られながら)自分の手でオナニーをしたり、女性に手コキなどでオナニーのお手伝いをしてもらう風俗店のことを言います。
オナクラが誕生した当時は手コキなどの接触サービスは無く、生身の女性を「オナニーのおかず」として提供する形だったようなのですが、 現在では9割以上のオナクラで手コキが付いたコースが用意されています。

手コキでフィニッシュするお店はエステなどがありますが、エステはマッサージ→手コキという基本的な流れが決まっているのに対して、オナクラは自由度が高く、客の願望によってプレイ内容は様々なものになります。
オナニーという「客の自己満足」を叶えるべく多数のオプションを用意している店舗が多く、コース、オプション、それにコスプレ(あるいは私服)などを組み合わせて 「客の理想のオナニーを実現するお店」というのがオナクラの本質と言っていいでしょう。

オプションの数は、数十から多いところでは百以上用意している店舗もあります。男性が受身のオプションが多いのでM寄りの男性に多く需要があります。もちろん女性が受身のオプションもありますが、男性受身のオプションよりも値段が高く設定されていることがほとんどです。

また、アブノーマルなオプションが多くあったりする一方で、フェラやクンニといった病気のリスクになるようなオプションは9割以上の店舗で用意されていません。
オナクラは病気の心配をする必要がほとんどないのも人気の秘密です。

↓オプションについては詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
オナクラのオプションの種類と料金相場

かわいい子が多い


東京のオナクラ嬢一覧ページ

なによりもオナクラの特徴として挙げたいのが「業界未経験の素人」「かわいい子」が多いというところです。
オナクラは他の風俗に比べると女性側の負担がとても少ない上にそこそこ稼げるので、20歳前後の女の子(特に学生など)に人気です。
病気や不潔といった意味で負担になりそうなのはディープキスくらいではないでしょうか(ディープキスは基本的にオプションなので女の子によってNGにできる)。

「稼ぎたいけど、風俗で働くのはちょっと…」というような女性が「手コキだけならいいかな…」というような感じで、バイト感覚で働いている人が多いです。
オナクラは一応風俗ですが、オナクラで働く女性は「限りなく素人に近い女性」と言えるでしょう。

女性求人では 「脱がない」「舐めない」「触らせない」 などと募集されていることもあって、多くの女性が集まるのでお店側は選び放題になることから、当然女性の質が上がり「かわいい子」が多くなります。
若くて業界未経験のかわいい子にオナニーのお手伝いをしてもらえるのが、オナクラの最大の魅力です。

こんな人におすすめ

オナクラは「○○をするところ」みたいに一言で定義するのが難しいのですが、以下のような人におすすめです。

  • できるだけ素人に近い女性とHなことをしたい人
  • プレイの質より、女性の質を重視する人
  • 手コキされるのが好きな人
  • M寄りの人
  • 「脚フェチ」「匂いフェチ」など特定のフェチプレイをしたい人
  • 露出願望がある人
  • 短時間でサクッと抜きたい人
  • かわいい女の子といちゃいちゃしたい人

料金・コースについて

オナクラの料金は各店舗を平均すると大体以下のような料金となります。

オナニーを見せるだけのコース = 60分 10,000円程度
手コキ付きのコース = 60分 12,000円程度

これに有料オプションをいくつか付けると、その分高くなっていきます(例えば客が女の子の体を触ったりするのは有料オプションだったりします(1,000円~2,000円程度))。
ピンサロなどに通っている人からすると、少し割高に感じるかもしれませんが前述のとおり「病気の心配がほとんど無い」「業界未経験の素人が相手」と考えると決して高くは無い金額とも考えることができるでしょう。

また、オナクラは(例えば会社帰りなどに)サクッといつもと違うオナニーで抜きたいという人のために、20分などと言った短時間コースも用意されています。
安い店舗では20分で2,000円~3,000円くらいで抜けちゃうので、「てもみん」などのクイックマッサージ感覚で利用する人も多いです。
もちろん逆に120分、180分というような超ロングコースを用意している店舗もたくさんありますので、じっくりとプレイを楽しんだり、女の子との会話などの時間を設けたりすることもできます。

その他、多くの店舗で3Pなどの複数人コースや、M男向けに特化したコースもあります。

さらにオナクラには一部の店舗で、抜き以外に「デートコース」なるものがあったりします。これは在籍している女の子と食事やカラオケといった普通のデートができるコースです。
もちろんデートの後に通常のプレイをするというプランも組むこともできるので、恋人気分でじっくりと気分を高まらせてから…なんていう時間を過ごすのも良いでしょう。
デートコースは店舗側から信頼されている客のみが利用できるシステムとなっている店舗が多いので、何度か本指名をして女の子と仲良くなってから利用してみましょう。

オナクラ遊びの流れ

オナクラを利用する際の基本的な流れをご紹介いたします。
オナクラには大きく分けて、レンタルルーム(又はホテル)直行型受付所型があります。

レンタルルーム直行型

あらかじめ店舗のWEBサイトにて女の子やコース・オプションなどを決めた上で電話をします。

レンタルルームに付いたら部屋番号などを電話で伝えます。

女の子が到着してプレイ開始!

直行型の方が楽だし、いちいち男の店員と会わなくて済むというメリットがあります。
しかし、新規の場合は女の子の顔が会うまで分かりません(HPではほとんどの女の子がモザイク有りなため)。

受付所型

受付所に行って女の子やコース・オプションなどを決めます。

一人でレンタルルームに行って部屋番号を伝える

女の子到着でプレイ開始!

受付所型は少々めんどくさいのですが、最大のメリットはモザイク無しの女の子の顔が確認できるということでしょう(ほとんどの店舗で)。

その他

その他、店舗型のオナクラもあるのですが非常に少なく100軒以上ある東京のオナクラの中で2店舗程しかありません。

まとめ

  • オナクラは自分の手でオナニー、又は女の子に手コキで手伝ってもらうお店
  • かわいい子が多い、しかもほぼ素人
  • オプションを組み合わせて理想のプレイができる
  • 病気の心配はほとんどいらない
  • 抜き以外にも、ただ単にかわいい女の子といちゃいちゃしたり話したりなど癒されたい時にも使える

いかかでしたでしょうか。
筆者は風俗の中でもオナクラが大好きなのですが、その理由はやはり「素人っぽくてかわいい女の子と気軽にHなことができる」ということです。
街を歩いたりしていると男性のほとんどの人が若くてかわいい女の子についつい目がいってしまいますよね。 オナクラにはそんな「街で見かけるかわいい子」がたくさんいます。
街で見かける女の子の脚が綺麗だったら間近でずっと見ていたいし触りたくもなるし踏みつけてもらいたくもなる、黒タイツをはいていたら匂いを嗅ぎたくなったり、おっぱいやお尻に顔をうずめたくなったりしますが現実にはできません。
しかしそれがオナクラに行けばできるのです。相手はバイト感覚で働いている素人同然の女の子なので街で見かける女の子と変わらないですからね。
脚を触ったり踏みつけてもらったり、体の匂いを嗅いだり、顔面騎乗をしてもらうなどのオプションは大体のお店で用意されているので恥ずかしくも何ともありません。
むしろオプションを付ければ付けるほど女の子も儲かるので喜んでやってもらえます(オプション料金は全額が女の子の報酬となる店舗がほとんどのようです)。
病気の心配もしないし、その日の気分や相手の女の子次第で虐められるもよし、いちゃいちゃを楽しむのもよし、変態プレイを楽しむもよし、オナクラはとにかく自由で気軽なのです。
この記事を読んでいる人はまだオナクラに行ったことがない人がほとんどだと思うのですが、少しでも気になったら是非一度利用してみてください。きっとはまると思いますよ!